統合失調感情障害患者の徒然日誌

毒にも薬にもならぬ文字を書き捨てる。

世界とか、社会とか世間に対するアウェイ感

このところ、ひさしく抱えてなかった虚しさを抱えていて、それはタイトルの通り。
原因は分かっていて、それは群体としての人間とか社会に、もしくは世界あるいは世間になじめないからでした。

アウェイ感を感じていた。

理由として、そもそも僕は群としての人間という存在に、まったく興味がないからだ。
それでも、彼女とか周りにいる個としての人々には愛情とか共感、適度な興味を持っているし、自分の中に発生する感情も感じている。

「お前よくそれで生きてこられたな」って言われそうだ。
僕もこの欠陥は前々から感じていた。
だからこそ人々の営み、作り出す表現物や創作物といった物語や、夢の様なコンテンツを通し、人間の在り方を観察し、自分自身にそれらの知見を適用させて生き延びてきた。

今の僕は個体としての人間と、人間の作り出す営みや物語や夢が大好きで、だからどんどんコンテンツを吸収しているのだ。

最近仕事を始めておよそ3ヶ月経過し、社会性が育ってきてはいる。
かと言って上記のような人間なので、自分の人間性と成長した社会性が喧嘩を起こし始め、虚しさを抱え込んでしまった。

こんな人間としての在り方でいいのかなぁと、葛藤していた。

こればかりは自分で考えを深めて、自ら答えを出さないといけないし。他者から出される答えでは穴埋めできない。

そして、さっき答えが出た。

この状態で進んで行こう、良くないところは都度都度で治して成長させていこうと。

群体の人間やそれらに興味がなくても良いじゃないか、周りにいる個人には愛情を抱いている。
いつか群に対しても感情が芽生えるかもしれないし。

というわけで考えが纏まったのでこの話はここで一旦終了。

どう転んだって僕は僕だ。
迷う時もあるけど、今回みたいに答えはいつか出てくるもんだ、焦らず焦らず。

のんびり生きましょう。

〜終〜

ソースコード、下から見るか?横から見るか? ~妖怪モチベ喰らいをぶちのめす方法編~

いや、上から見ようよ。

(出オチ)

 

というわけで途切れてしまっていた日記の更新でございます。

 

ここ最近はというと、日中は色々やりつつ、夜の半分は虚無になっている日常を過ごしておりました。

働き始めて三ヶ月、ぼちぼち疲れが表面に出る様になりました。

 

これは良い傾向で、疲れを自覚しない状態の方が僕の場合おっかない事態を招くので、自覚できるのはとてもえらい。

 

虚無になっているとは言っても、それは休んでいるだけなのです。

一日の疲れに対する回復時間は少しかかりますが、短命であるがゆえに(?)適応力があるのが人間の長所です。

(短命と適応力は全然関係ない気がする)

 

疲れに対する反応なのか、昨日ちょっとだけ肉体の方で体調を崩しましたが、飯食って寝たらリカバリーできているので、まあまあな感じ。

 

で、ここからはまあソースコードの話というか、まだまだCSSの勉強途中なのでそういう話を。

 

ウェブ業務の為に始めた、HTMLから続くCSSの勉強はまあボチボチ順調です。

 

ぼちぼち。

 

まだまだ先は長いんだけどね。。。

 

インプットもしつつ、アウトプットもせにゃなりません。

 

教材記載のサンプルサイト作りになんともやる気が出ない為、困った僕は自分で考えた架空のコンテンツサイト作りに手を出しております。

これが捗る捗る。

 

妖怪モチベ喰らいに食べられかけていたモチベーションが、みるみる回復していく。

 

 

さてさて、もう寝ましょう。

疲れたら回復せねばなりませぬ。

 

そして、明日もボチボチと。。。

 

~終~

日々の記録 

さてさて、日記をコンスタントにアップする姿勢を崩してはいけない。

本日の業務を終えたので、つらつらと最近の事を書いていきましょう。

 

最近の僕はと言えば、事前に分かっていつつもこれといった対策の取りようがない気圧でぶっ倒れたりしております。

しかしそんな日以外はたいてい元気に過ごしているわけで。

コロナ騒ぎの影響であまり出歩けないので、週1~2回出勤して会社から事務用のデータを持ち帰り、家でキーボードをドコドコバシバシグシャーンと叩いてデジタル化する日々。

他にもweb業務の為の自学やら、やることはしっかりやっている感じです。

 

んで、HTMLの勉強が本日ひと段落しました。

これはまあまずまずのペースでしょう。

次はCSSのお勉強ですね。

その次はjavascriptPHPが待っているわけですが。

 

先は長い!!!!!

マジで長い!!!!!

だが!!人間は無理に頑張らずともコツコツ続けていればなんとかなるのだ!!!

『何事も、死ぬ気で頑張ればなんとかなるという感覚を捨てるのだ、それはある種頑張らない人間の言い訳である。』

Byマサムネェ・シュランダ・サケズキバカデス

(1987~)

 

そんでもって今日のHTMLの勉強中に、以下の画像の文言が出てきたのですよ。

f:id:b3masamune:20200323172947j:plain

『<from>タグは~中略~実際に受け渡しするプログラム処理は、PHPなどのプログラムと連動して動作します。それらを解説するのは今の段階では簡単ではないので~終略~』

 

で、出たなPHP!!!!!!!故郷を焼き払われた恨み!!

こうやって勉強の先に存在感を匂わせてくるプログラミング言語、何ていうかちょくちょく現れて存在だけ示してくるラスボス感があっていいですね。

 

PHPとか諸々の言語、テキスト上での存在の匂わせ感がムカつくのでいつかぶっ飛ばしてやりましょうね。ふふふ。

 

二枚目は現在の作業環境。

f:id:b3masamune:20200323173053j:plain

千円で買った机と椅子です。

僕の住んでいる市にはリサイクルショップが大量にあり、どこの店舗も狂った価格設定でお安いので大変重宝しております。

これらが千円なわけないだろ???って感じで商品が投げ売りされているので、さすがは埼玉のベッドタウン

 

とまあ、今回の近況報告はこの辺にて。

~終~

未来になれなかった、あのブログに

――母さん、僕のあのブックマーク、どうしたんでせうね?

ええ、夏、2ちゃんねるからまとめサイトへゆくみちで、

ブックマークへ落としたあのブログサイトたちですよ。

母さん、あれは好きなブログでしたよ、

僕はあのときずいぶんたのしかった、

だけど、いきなり閉鎖がおきたもんだから。

by Digital Yaso

 

というわけで、はい。

今回のテーマは閉鎖されたブログ・テキストサイトです。

どうにもブラウザの調子が悪いもんで、ブックマーク数が多すぎるからか?と思って数を調べてみました。

 

ブックマーク数

約17000件

 

ああ、こりゃ動作が重くなるわけだわ。

 

大半がテキストサイトとか、ブログサイトなんです。

今はどこも巡回する習慣もないし、致し方ない、この際だからリンクチェッカーでリンク切れを探して削除するかと。

 

 

リンク切れ

約5000件

 

 

Oh……

 

 

あの面白い文章を書いていた皆は、どこへ行ってしまったんだろう。

インターネットの記録は永遠に残ると思ってたけど、どうやらそうではないらしい。

 

「インターネットに永遠はないよ、ここがインターネットの終点です」

 

そんなかんじで、あの面白い文章たちは消えていってしまった。

 

みんなどこへ行ってしまったの?

徒然なるままに、自社サイトをいじくるエンジニアになる話。

さてさて、眠る前にまったりと近況を綴りましょう。

 

今日も今日とて人生が少し動きました。

 

今お勤めさせていただいている会社は、元々事務とWEB担当という形で入社したわけなんだけど(現在はそれに在庫管理が加わって、さらに慣れてきたら営業をやるってことになっている。スーパーマンか)、WEB担当と言ってもそこまでガッツリした知識は持ってなかったのです。

 

前職のとこではWEB部隊に居たけど、そこでやっていたのは自社ブログの記事を書いてアップしたりするのが主で、終盤はウェブサイトのコードを軽く、ほんとに軽~く書き換える程度でした。

 

 

んで今日そのWEB系業務の話が若干進みまして、「ドメインはある、サーバーもある。あとはなんとかしてくれ」って事で。

必然的にHTMLとCSSJavaScriptの勉強を本格的に行うこととなりました。

というか後々にPHPとかも勉強しないとならないっぽい。

まあ軽い知識はあるし、勉強は不得手じゃないからいけるやろ……って感じで……。

 

はい、頑張ります。

 

こういう業務に携わる人をフロントエンドエンジニアって呼ぶらしいけど、企業によってこの立ち位置の人は業務内容が若干変わるらしいのですよ。

IT業界、業種よく分からんちん。

 

都合の良い事に、イラストレーターの彼女さんが自分のウェブサイト弄るのに難儀しているし、あとは友人で誰かがそういう事を出来る人を探していたように記憶している(誰だったか思い出せない)ので、まあここは本当に頑張りましょう。

 

「言ってみせ、やってきかせて、させてみせ。それでダメなら、シベリア送りだ」

Byマサムネェ・スゲェシュラン・オナゴスキー(1987~)

 

 

んでここまで書いていて気づいたけど、ウェブデザインとかもやるならフォトショップの知識もつけんとあかんのか?まさかね?でもデザイン知識はあった方が絶対に良さそう。

 

どっひゃぁ~~……体足りるのかこれ。

 

はい、とにかく頑張りましょう。

 

よし、まずは寝る。

 

おやすみなさい!!!!!!!!!

エモさは百代の過客にして、いきかうエモもまた旅人なり。

久しぶりの近況報告いこうと思います。

たのしい感じに記せたらなと思います。

なにとぞなにとぞ。

 

この前久しぶりに某ソシャゲをプレイしたら、バレンタインのイベントクエスト期間だったのですよ。

今年はパリピギャルになった清少納言さん絡みのストーリー展開でした。

お陰様で、枕草子の読書と十数年ぶりに古文の勉強を始めた次第です。

関連書籍は画像参照。

 

f:id:b3masamune:20200303222532j:plain

枕草子、古文関連書物

上記の関連書籍を購入後に、何かの縁か、ガチャ低排出率の清少納言さんが自分のとこに来てくれました(画像参照)

f:id:b3masamune:20200303222614p:plain

キラキラのなぎこさん

低排出率ガチャなのにこれにはたまげた、運命感じちゃったよね。

 

話は逸れますが、実を言いますと以前の軽い長文を投稿した時に「今後はたのしいことを出来るだけ記していけたらなと思います」と書いたのですが、実はあの時点で筆を置くことを考えていました。

 

しばらく時間を置いてみましたが、やっぱり自分は書き記したり音を出して表現していないと死んでしまう性質だというのが、よくわかりました。

 

そんなタイミングにやってきたのが清少納言氏の枕草子ですよ。

 

この書物の何が凄いって、自分が仕えた人物亡き後だというのに、対立勢力への恨み言がなく、仕えた定子様がいた頃の宮中での楽しい出来事や珍事、ちょっとした愚痴とか清少納言氏が個人的に萌えたりした事柄が書いてあるのですよ。

とにかく「たのしい」できらきらしているのです。

だからこそ千年近く読み継がれてきたのだと思います。

 

そうか、これやと、僕自身は千年も読み継がれたくはないけれど、こういう方向性こそ自分が書くべき駄エッセイだなと、そう感じました。

 

 

 

そんなこんなで、今後も楽しい感じの駄エッセイを書いていけたらなと思います。

 

ほどよくほどよく。

 

あとね、ちょっとゆるくてちょっと雑ちょっと曖昧な小~中規模音楽セッションをしたくてたまらない。

 

楽器とかボーカルが出来る人たち、あるいは試しに歌ってみたいとか、スタジオにみんなで集って演奏してみたいって人たちを曖昧な感じに集めて、ババーン!ワーー!!!キャーーーー!!!!ジャーーーーーン!!!!!!ドコドコドコ!!!!ダダン!!!ってやりたいです。

 

 

まあこっちの計画は新型コロナとかが落ち着き次第、色んな人たちに声をかけてやってみましょうかね。

 

 

そんなこんなで、最近の近況報告でした。

 

~終~

今後、たのしい事を記していくための区切りとしての、ちょっとした語り。

さて、長らく暗めの文章を書かずに過ごしていました。

 

色々と人生が前に進んでおり、今までのネガティブな感じの思った事や、自分語りを綴るモチベーションが無くなったからです。

 

具体的に何が起きたかというと、色々と人間関係を切り詰めていったり、新しく仕事を始めたり、恋人ができたり。

 

順風満帆ほどの速度は出てないのですが、それでも今の僕の人生は順調です。

 

皆さんは今までの人生は辛かったですか?

 

過去形になりますが、僕は辛かったです。

 

しかしそれとは別として、楽しい事も同様に多かったのです。

 

楽しい事は歳を経るごと増えていきました。

 

ですが、暗いことを語り続けてきたせいで、その視点が曇ってしまっている事に最近気が付きました。

 

要するに、自分の在り方について一定の気づきがありました。

 

確かに僕の人生には不幸が多かった。

 

ただ、それは一般的な人より多かっただけの事で、それらを手放さずに後生大事に抱え込んだのは僕自身です。

 

不幸でない人たちの中に居ながら、自らが特別であり続ける為に自分の不幸に縋っていた。

 

僕を苦しめていたのは他でもない、自分自身ということに気が付いたのです。

 

それに気が付いたら、3歳の頃から続いていた人生の不幸が、本当にどうでもよくなってしまった。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『自分の人生にはこういう事が~この時は命を落としかけて~うんたらかんたら…』

最後まで全てを聴いたオーディエンスは、感動の涙を流しながらスタンディングオベーション

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

もうこういうのに食指が動かなくなりました。

 

いくら語っても起こった悲しい事実は覆らないし、それをわざわざ他人様の喜ぶ感動ポルノにするのも自分を安売りしてしまっている気がする。

 

 

 

と、ここまで思ったことをバーッと書いたので、ネガティブ期の区切りとします。

 

もうあのどんよりジメジメした精神状態には戻りたくないですが、それは僕の対策次第でもある。

 

出来うる限り、可能な範囲で頑張って、人生をもっともっと楽しくしていきます。

楽しいことが溜まっていったら棚卸がわりにここに記していこうかと思うので、その時は皆様なにとぞよろしくお願いいたします。

~終~