統合失調症患者の徒然日誌

毒にも薬にもならぬ文字を書き捨てる。

過去に書いた短歌たち

Redditに投稿したものとかです。

 

朝起きていつも思いし願望は誰か僕を殺めてくれよ

陰鬱な気分に乗って朝迎え登りし朝日今日も憎し

カタカタと音が鳴りけりわがPC今も怨嗟の言葉吐きけり

保育園大きくなりし子供達こうはなるなと祈り捧げる

希死念慮共存できればそれで良し五分間での主治医の回答

ただいまがひびく室内返事なく今日も一人明日は誰そ彼

PCの明かりが灯るわが室内薄闇の中煙草に灯す

ありし日に煙になりしわが叔父はあの世で酒に舌をうつかな

今は無きかつての実家思い出し帰る場所なぞどこにもあらず

蓮の花目指して沼に飛び込むも掴めたとこで絶望と知る

天国へ至る気分で地獄行きあの世で友と酒酌み交わす

いつ寝てる?普段と答え呆れられもっと休めとたしなめられる

また明日約束してた友たちは今はこの世に生きてはおらず

かくれんぼもういいかいとききかえすいつまで経ってもいいと言われず

あの時に煙になったわが母は今でも空でわが子見守る

寝れぬ夜はビールをあおりひと休み己のことをクズだと思う

我が身をば振り返りしは去りし日々掴んだ光自ら手放す

月曜の深夜に飲みし酒の味苦労を味わず生き恥さらす

夜の街さまよい歩き立ち止まりタバコ吸い込み紫煙くゆる

生き恥を晒して歩むイバラ道死してしかばね拾うものなし

街中で家族写真撮った日々あの思い出は全て散りゆく

生き方をどこで間違え進んだか思い出しても道は戻れず

この時間喰らうラーメン罪の味増える体重擦り減る心

目が覚めて寒さに負けては二度寝する甘美な眠気我をつつまん

ホームにて見送りし時ベルが鳴り別れの言葉何も聞こえず

託された思いを胸に強く秘め私は強く生きて行かねば

人生の折り返しにてふと思う今後どうして生きてゆくのか