統合失調症患者の徒然日誌

毒にも薬にもならぬ文字を書き捨てる。

こんな三十代、居てたまるか。

ここ数日、夜寝る瞬間とか、
「うわもう三十代かよ、マジか、まだ二十代のつもりなのに。」

「まだ三十代じゃん、この調子で行けるって。」

「こんな三十代で良いのか…?」

という三つの思いが去来する。

五年前、25歳の時「この五年間ちっとも変ってない(悪い意味で。)」と言われた。

そして今日、「知り合ってから五年たつけれど、ちっとも変ってない。(悪い意味で。)」と、再び言われてしまった。

合計すると10年間、僕は悪い意味で20歳のころから変わっていないことになる。

25歳の頃言われたのに関しては、悪い意味で同じことを繰り返しているという指摘だった。

今日言われた件に関しても、悪い意味で同じことを繰り返している、と言われてしまった。

うーん、考え込んでしまった。

僕の三十歳としての在り方はすごく世間から逸脱していて、自分でも「お前ホントにそれでええんか?」といつも思う。

でも一般的な三十歳の在り方を僕は知らない。

どなたか教えてくれませぬか?