統合失調感情障害患者の徒然日誌

毒にも薬にもならぬ文字を書き捨てる。

昔から無駄なことが好きだった。

子供の頃、特に幼稚園にいた頃のもっぱらの遊びといえば、意味なく走り回るか、ひたすら泥団子を作っていた。

そこに一切の意味を込めてはいなかったし、普段から考え事をしているのだから、遊ぶときはせいぜい意味のない事がしたかった。

目一杯走り回るか、集中して泥団子を作った後は、いい感じに体も疲弊していて、そのあとの考え事がとても捗った。


そんな無駄なこと好きが高まり過ぎて、僕は2006年ごろからネットに駄文をアップすることにハマった。

そう、僕の文章は電子の泥団子だ。

今でこそ、多少の文章技術は身に付いたけれど、つい最近初期の文章を読み返してみたらまあそれはクソみたいな文章で、よくこんなもんを書いてきたなって思う。

でもそれも積み重なって、12年くらい経ってしまった。

今でも意味のない文章を書き連ねることが好きかというと、最近の僕はそれを躊躇っている。

いい加減何かを成さないといけないのかもしれないと、そういう強迫観念に襲われているのだ。

今もキーボードをたたく指が震えていて、この文章自体も何度目かの書き直しだ。

何がそんなに怖いのか、それの洗い出しをしながら、探りつつ文章を書いている。

かつては、自分が納得する上手い文章回しを目指して書き綴っていた。

ただただ、自分の納得だけを追い求めていたのだ。

けれど、僕の中に長年蓄積されたフラストレーションは限界にまで膨れ上がっている。

どんなに上手な文章回しが浮かんでも、それを書き連ねたところで。

僕の中の疲労や、後悔や、悲しみ、怒り、疑問、諦観。

そういったネガティブなものが鎮まりそうにないのだ。

ポジティブなものも鎮まりそうにないl。

話を少しそらそう。

僕は最近、何人かの友人達とどういう訳か文通を行っている。

その中の二人に、僕は良い感じの(自分ではそう思っている)言い回しを書いた。

「命には善き使い道があって、自分のそれを探すのが人生なのかもしれないね。」

こんな感じの事を書き連ねた。

蓋を開ければなんてことは無い。

僕は友人たちに「善き命の使い道を探しなさい。」と言っておきながら、自分の命の善き使い道すら知らない。

そういった先の見えない焦りが、僕の無駄好きを全力で否定して来るのだろう。

「まだ何か、もっと上位の最善があるのかもしれない。焦れ、すぐに見つけなければあっという間に死んでしまう。そんなことをしている場合か?」と。

話をまた変えよう。

ここ10ヶ月くらいの間(厳密に言うと父の末期がんが判明した辺りから)、

政宗さんは本当に頑張ってるよ。他の人だったら出来ないレベルの最善を尽くしている。」

言葉選びは違うけれど、こういうニュアンスの言葉を僕にかけてくれた人たちがいた。

そうだ。

からしたら、僕は十分最善を尽くしている。

そしてそれは今後も変わらない。

ここまで書いて、ようやく僕は何かをつかみ始めている。

多分、この焦りは戦地帰りの帰還兵のそれに似ている。

恐らくこれが、僕自身に自らかけた呪いでもあり、祝福なのかもしれない。

強く生きるためには、こうするしかなかったのだろう。

それは仕方ない。

だからと言って、どうすればいいんだろうか。

この胸の内に溜まったフラストレーションの行先は、破滅願望だ。

それを抑え込むためには、強く在らねばならない。

だけど、強く在るだけ焦りが生じる。

これは無限に続くイタチごっこの様相を呈してきた。

もしかしたら、自分の弱さを認める時が来たのかもしれない。

あるいは自分の醜さというべきか。

はぁ。

そんなことを考えつつ、今日も眠る。