統合失調感情障害患者の徒然日誌

毒にも薬にもならぬ文字を書き捨てる。

お醤油のお話。

唐突だが、お醤油が大好きだ。


幼少期から、夕飯のお刺身に付けるお醤油が大好物だった。

お刺身がメインではなく、味覚に強烈な刺激を与えてくれるお醤油が、僕にとっては真のごちそうだった。

マグロ?そんなものは知らん、どうでもいい。

それよりお醤油だ。

そんなお醤油好きが高じてか、僕はたまにお醤油を飲む。

初めてお刺身を食べた時に、小皿に残った醤油を飲んだことがきっかけになっていると思う。

いや分ってる、引かないでもらいたい、飲むと言ってもほんの少量なんだ。赤紙対策でもないんだ。

どれくらいの量かというと、小皿にほんのちょっと醤油を垂らして、それをずずいっといく。

口の中に、香ばしさと大豆由来アミノ酸のうま味、塩分が広がっていく。

まさに至高の瞬間。

そんなこんなでお醤油好きが高じて、某農大の短期大学部醸造学科にまで入学してしまった。

そんな短期大学部も改組転換だかなんだかで吸収されて消えてしまったのだけれど。

そんな感じで醸造知識を深めていったおかげで、当時は醤油の種類をティスティングで判別出来る様にもなり、僕の醤油飲みライフはとても充実していった記憶がある。

この行為が世間ではおかしいことだと認識されていることに気が付いたのは、当時同級生と飲み会に行った時である。

居酒屋の据え置きのお醤油が、プライベートブランドの商品だと気が付いた僕は、味を確かめるために小皿に醤油を垂らし、飲もうとした。

その瞬間、同級生たちに「体壊すからやめなって!!!」と必死に止められたのである。

????

「え、お醤油飲んだりしないの?」

「普通飲まないよ、体壊しちゃうじゃん。」

えぇぇ、こんなに好きなのに飲んじゃいけないのか、知らなかった。

それ以来、お醤油はあまり飲まなくなったのだけれど、なぜこれを今こうして書いているかというと。

実はさっきお餅を3つほど焼いて、お醤油で食べた。

残った少量のお醤油を見ていると、いてもたってもいられなくなり、結果として飲んだ。

かなり久しぶりに飲んだお醤油は、とても美味しかった。

塩分イズジャスティス!!!

余談だが、僕は味噌をオカズに白米を食べたりもするが、その話はまた別の機会に。