統合失調感情障害患者の徒然日誌

毒にも薬にもならぬ文字を書き捨てる。

『天から役目なしに降ろされたものはひとつもない』~32歳になったよ篇~

というわけで、生まれてから32年が経ちました。

政宗さんじゅうにさい。

相変わらず人生には迷っています。

それにあと8年で不惑の歳になると言われても、そんな実感もいまだになく。

僕はこれからも迷い続けるのでしょう。

迷い続ける、という事でちょうどいい話がありました。

二日前に同じく誕生日の近い二回り年上のAさんと二年ぶりに飲みまして。

彼は古本屋で勤めている方で、最近は別法人で立ち上げた障害者就労支援事業所に、買い取った商品の販売業務を委託していたりします。

そんな彼と飲んだ時に、

「悩むことは無くなった、代わりに迷うようになった。どちらの選択を天秤にかけるかだね」

というお話をAさんが話してくれまして。

確かになあ、と。

僕自身も、悩むこと自体は殆ど無くなりました。

代わりに、自分の選択を天秤にかけて迷うことは増えましたが。

だから、いま人から「何か悩んでいる事あるの?」と聞かれても、僕は「悩みは無いが迷いはある」と答えるでしょう。

そう、人生は選択の連続。

ここでタイトルの話に移ります。

このタイトル「天から役目なしに降ろされたものはひとつもない」は『ゴールデンカムイ』という漫画の、カバーの袖にアイヌの言葉で書かれています。

もう連載の長い漫画なので内容は割愛しますが、

明治の北海道でアイヌが集めて隠した金塊を求め、アイヌの末裔とその仲間の日本人、幕末の亡霊と、日露戦争の生き残りたちがそれぞれの思惑で三つ巴の争いをする漫画です。

登場人物たちはそれぞれが悩み、迷い、ある者は自分の命の善き使い道を見極め、戦っていきます。

話を僕自身の語りに戻しましょう。

そう、僕は自分自身の『命の善き使い道』を求めています。

2年ほど前まで、僕は自分自身の命の行方など、そんなものはどうでもいいと思っていました。

自分の事なんかどうでもいいし、ましてや他人の事にまで意識を回すことすらしませんでした。

なんでそこから方向転換して命の善き使い道を模索するようになったかというと、まあ、一言で言えばいくつかの命が先に逝きすぎたからです。

詳細は省きます。

とにかく、気が付くには遅すぎたし、多くのかけがえのないものが失われてきました。

僕の命はすでに僕だけのものではなく、こういった方々に生かされている。

ならばこの命の善き使い道を模索して、より一人でも多くの人々に笑顔と幸せを遺していきたい。

生きている以上、今生き残っている人たち全ての為に、この人生を賭して向き合っていきたいのです。


そんなことを考えつつ、32歳の人生はここから始まります。

皆さま、生ぬるい目線で見守り下さいますよう、なにとぞよろしくお願いいたします。